子どもへの対応。見守る大切さ。

子育て
おはようございます!

今朝はいつもより早く起床!

なぜかというと長男くんが野球の試合だったからです。

遠征試合なので、いつもより早かったのです。

公式な試合なので、勝ったら上の大会に出場できるで頑張ってもらいたいです。

さて。

今日は子育ての話し。

私には4人子どもがいてます。

年齢はかなりバラバラ(笑)

  • 中2
  • 小4
  • 小1
  • 2歳

イロイロな年代の子がいてます。

子育てとは…。

私は子ども達への愛情をずっとたくさん手をかけてあげる事だと思っていました。

全て、何かするにもなんでも『やってあげる』!

2歳児の子で具体的に言うと、靴を履かせてあげる、服を着せてあげる、食べさせてあげる…

何から何までしてあげる事が愛情と思っていましたが、それは間違いなのです。

本当の愛情とは、子ども達が自立する為に『見守る』その事が一番の愛情なのです。

2歳の子もかなり、イロイロできるようになってきました。

しかし、できるようになっても私が側にいると靴が履けるのに、履かせてーと甘えてきます。

特に2歳の子は保育園に通っているので、自分で出来ることはやっていかないとなかなか先生達からのサポートも厳しい状況です。

さらに3月生まれという事で同じクラスの子達よりやはり出来る事が少ないのも現状です。

なので、なおさら早く自分でできる事をたくさん作ってあげなければいけません。

今まではすぐやってあげていました。

いや、この表現はちょっと違うかも…

時間がないから、逆に私がする方が早いからしてしまっていました。

靴を履かす事も、服を着せる事も、ご飯を食べさせる事も…

全て私がやってあげた方が早く終わるので、ついついやってあげていました。

しかし、これではなかなか自立まで遠い道のりになってしまいます。

2歳の子だけではなく、他の子達に関しても私がする事で早く終わらせる事ができるので、ついついやってあげていました。

でも、最近思うようにしたのです。

私がいなくなったら、困るのはこの子達だなぁと…

なので、少し考え方の視点を変えてみることにしたのです。

私がもうすぐ死ぬなら、この子達に何をしてあげられるか…

そう思いながら接するようにしたら、あれもできるようになって欲しい、これもできるようになって欲しいと思うようになりました。

できるようになる為には放置とはまた違います。

しっかり見守る事が大切なのです。

これも、またよくあることなのですが忙しいのでついつい『あれありやー!』といって、放置しがちです。

できない事をやる為にやり方が分からないのでやる気になれない…

なので、しっかりできる道筋ができるまで見守る事も大切です。

子育てって本当に正解がないから難しい。

でも、全てに手をかける愛情ではなく見守るという愛情のかけ方をこれから試行錯誤していきたいと思います。

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽天スーパーセールで狙っているもの。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました