揚げ物は常に新鮮な油で!オイルポットを手放しました。

料理
おはようございます!

最近またモノの見直しを始めて、今は使っていない通帳の断捨離に勤しんでおります(笑)

意外ともう使っていない通帳が多く、破棄してもいいものだらけ。

そのまま破棄するのはしのびないので銀行に行って、解約手続きを地道にすすめています。

さて。

今日は揚げ物で使う油のお話し。

揚げ物って美味しいけど、揚げてたら油が跳ねるし、汚れるし、使い終わった後の油の処理もかなり面倒…。

とっても美味しいけど、家庭で揚げ物を出すのはちょっとハードルが高かったりしますよね。

昔は…。

揚げ物をした後の油は、オイルポットに全て入れてまた再利用していました。

基本的に揚げ物はたっぷりの油で揚げるのですが、その後の油がかなりもったいない…

捨ててもいいのですが、大量の油を一回で捨てるのはもったいなかったので、オイルポットに使用済み油を入れてまた次の揚げ物の時に使っていました。

オイルポットの欠点。

オイルポットはまた油を再利用できるのが最大の魅力です。

ただ、オイルポット自体は使っていたら、どうしてもギトギトになります。

しかも、濾過する部分は消耗品なので数回で取り替えないといけないので維持費もかかります。

しかも、再利用している油もいくら濾過しているとはいえ、日が経つにつれて酸化が進みます。

なんか油臭い匂いになってくるのです。

酸化した油はやはり体にとっては良くありません。

そこである決断を!

そんな生活を続けていましたが、ついにオイルポットを捨てる事にしました!

やはり揚げ物は常に新鮮な油で揚げたいからです。

しかし、揚げ物の後の油はどうするのか…

ある方法と出会ったのです。

揚げ焼きという調理方法!

私、今は揚げ焼きという方法で全て揚げ物を揚げています。

唐揚げ、天ぷら、フライ…

意外なのですが、全ての揚げ物は揚げ焼きで充分揚げる事ができる事を発見したのです!

やはり、たっぷりの油で揚げる揚げ物とは少し違いますがそれでも美味しく揚げる事ができます。

さらに。

少量の油しか使わないので、油を捨てる時もキッチンペーパーでさっと拭いておしまいです。

後処理も凄く簡単!

そして、常にまた新しい油で揚げる事が出来るので体にも優しいです。

この揚げ焼きと出会ったので、我が家は揚げ物を出すペースが昔より上がりました。

やっぱり子ども達も揚げ物が大好きなので、唐揚げなんかはよく出す定番メニューになりました。

料理をする時ももちろん、片付けまで簡単なら、揚げ物というハードルの高かった料理も出しやすくなりますよね。

色々な事をスリム化して、暮らしを楽にしていきたいと思います。

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが気になる。

 

ニューバランス可愛い!

 

手土産に良さそう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました